渡航前にインドネシアへの服装や持ち物をチェック

インドネシアで仕事をするにあたって、現地で長期滞在をするには日本からどんなものを持っていけば良いのか荷造りが大変だったりもするでしょう。

たとえば、日本の食材を使って料理をしたい、簡単に食べられるものを用意しておきたいときには、インドネシアでも日本と同じように商品を買うこともできますからそんなにたくさん持っていく必要はありません。

ただ現地で買うとなると、日本のものはすべて輸入品になりますから割高になってしまうことは頭に入れておいてください。

インドネシアの気候は年中半袖で過ごせるくらいの温度ですから基本的に服装は夏物だけで大丈夫です。

セーターやカーディガン、冬物のジャケットやスーツなどは必要ありませんので、洋服はかさばることはないでしょう。

夏服を日本から持って行ってもいいですが、現地でも買うことができますから特にお気に入りの洋服などだけを持っていけば良いかと思います。

あとは、履きなれた靴や、下着類なども持っていくと良いでしょう。

あと、インドネシアで日本の家電製品を使いたいときには、コンセントの形状が日本とは異なりますから変換器が必要になります。

こちらもインドネシアで購入することができるのですが、現地に到着してからすぐに使いたいものもあるでしょうから、あらかじめ日本で変換器を用意して持って行ってもいいでしょう。

パソコンやスマートフォン、デジタルカメラなど変換器があれば日本で使い慣れたものをそのままインドネシアで使うことができます。