インドネシアに適したビジネスは安い人件費をあてにした製造業

okane
現在、アジアの中でも特に経済成長が著しい国がインドネシアです。インドネシアの人口は、世界4位の約2億5千万人で近年内需産業の発展に伴い成長を遂げてきました。数年前まで、日本をはじめ、世界の大手企業の生産拠点は中国が中心でした。日本を例に取ると、日本の海外拠点は半分は、2000年頃までは中国にありました。

その一つの要因が安価な労働力であったのですが、近年、中国との政治的な関係や高まりつつある人件費のおかげで、中国から撤退する企業も多くなりました。

そこで新たな生産拠点としてインドネシアが台頭してきました。インドネシアは豊富な資源国であると同時に人件費を抑えることができ、工場を建てるのに非常に適してします。インドネシアでビジネスチャンスをつかもうとする場合に現在一番起業するのに良い業種は製造業です。

人件費が安いため、近年では日系のIT企業が多く進出しているのを見ますが、もともと内需産業で発展してきた国で、世界4位の人口を活かした業種がビジネスチャンスになりやすいです。現在様々な企業が工場を建てているので、ライバルが多すぎるのではないかと危惧してしまうかもしれませんが、基本を日本の市場にすれば、安価な人件費を活かした産業へと成長していくはずです。

インドネシアと日本では整備されている労働法や労働環境、文化がかなり違いますので、現地の労働力を使う以上、現地の事を学ぶ必要があります。しっかりと準備をしてビジネスに結び付けましょう。

人材を採用するには資金に余裕があれば人材紹介会社に依頼するのが一般的です。自力で人材確保に走っても良いですがコストがかかりますし、多くの人材が紹介会社に登録してあり、そこからの紹介で仕事を得ていることが多いからです。

インドネシア人も雇えて、日本人も雇えるようなところに依頼するのが最終的にはコストカットに繋がるでしょう。
インドネシアの求人情報 | 日本人むけ人材紹介会社もご覧ください。