インドネシアの会社法を学ぶか、専門家に依頼すること

インドネシアは、人口が非常に多く経済成長も著しい国の一つであることから現地のビジネスチャンスに期待し、日本で起業し、インドネシアでビジネスを展開することを検討している方も多いのではないでしょうか。そのような方にとって、一番のハードルとなるのが現地で会社を設立するにあたっての手続等を規定しているインドネシアの会社法についての知識を習得することです。
インドネシアの会社法のなかで一番注意すべき事項として挙げられるのが、日本を含む外資企業がインドネシアで現地法人を設立するにあたっては投資に関する規制が多くすることであり、そのような規制に該当する業種かどうかについてまず確認することが重要となります。
その他にも、日本とは異なり株式会社を設立するにあたって、株主が一人では設立ができないなど日本人に馴染みの深い日本の会社法とは異なる条件が存在することにも留意する必要があります。
一方で、電子的な手続による会社の設立が認められており、会社設立に関してのアドバイザリー業務を行う会社も多く存在するため、インドネシアの会社法について深く理解をしていなくても会社設立に辿り着くことは決して困難ではありません。
むしろ、会社設立後に株主総会や取締役会などの法律で定められた手続にしたがって会社の運営を行うことについて注意を払う必要がありますが、植民地時代の影響を受けているためオランダ法に全体的に似ているところが多く、他の途上国に比べて明確な規定が多いため会社の運営にあたり、法律がネックとなることは少ないものと考えられます。