インドネシアでの法人設立にかかる費用

日本で起業するという場合、資本金は1円からでも行うことが出来るようになりました。インドネシアで起業するという場合も同様で、少ない資金でも会社を設立することが可能です。ただし、インドネシアで会社の設立登記をするという場合には、その申請をするのに専門家の力を借りることになります。この際の費用は一律ではありませんので、注意が必要です。
なお、インドネシアでは分野によっては参入することが出来ないものもありますので、あらかじめ確認するということが重要になります。会社を設立するという場合には、あらかじめ市場調査をしっかりと行うようにします。これは、日本国内でも重要な事ですが、文化・習慣・考え方などが異なる外国に進出するという場合には特に重要なこととなります。
また、会社を設立したからといって、必ずしも成功するとは限りません。場合によっては撤退を余儀なくされる場合もあります。会社設立時にも費用は必要となりますが、撤退するとなった場合でも費用が必要となります。会社を設立する際には、撤退する際の方法などについても検討することが大切になります。
インドネシアで会社を設立するという場合、必要となる最低資本金の金額は会社の種類により異なります。株式会社の場合には、株式を公開する場合と非公開の場合に分けることが出来ますが、公開するという場合には、資本金が30億ルピア、株主は300人以上必要となります。これは、業種に関わらず一律です。また、非公開の場合には最低株主人数は2人、銀行業や保険業などの分野を除いて、必要となる資本金は5千万ルピアとされています。