インドネシアに入った日系コンビニが便利!

日本での生活でもはや欠かせない存在となっているコンビニですが、だからこそ海外に行ったときに、何かが必要になったときにどこに行けば買えるのか、コンビニがあれば助かるのにと頼りにしたい存在です。

近年では日系コンビニが世界に進出してきましたが、その中でもインドネシアでは独自の進化を果たし、みるみる浸透しつつあります。

独自の進化とはどんなものかというと、イートインスペースが広く設けられているということです。店内に一角に始まりお店の前に屋外イートインスペース、さらに2階建てになっていて1階部分は日本同様の店舗、2階は全てイートインスペースというパターンもしばしば見られます。

それに加えて、freeWi-Fiやコンセントが自由に使えるといったサービスもあり、カフェに近い感覚で親しまれているようです。インドネシアでは屋台で食べ物を買ってその場で食べるという屋台文化があります。この食習慣に上手くマッチした、カフェ化がインドネシアでは喜ばれています。

日系だからこそ出来ることとして、すき焼き弁当やおでん、タコ焼きやおにぎりといった日本食が並んでいます。現地の日本食レストランは価格が高めなのでなかなか食べることができませんが、コンビニでは手頃に購入できるため気軽に楽しむことができます。

ポイントカードも普及し始め、様々なイベントもあることから、場所を求めて人が集まる憩いの場としてインドネシアに馴染んでいます。
旅行に行った時も見慣れた看板を見つけたら、なぜだかホッとするものです。日本との違いを体感するのも、一つの楽しみです。

渡航前にインドネシアへの服装や持ち物をチェック

インドネシアで仕事をするにあたって、現地で長期滞在をするには日本からどんなものを持っていけば良いのか荷造りが大変だったりもするでしょう。

たとえば、日本の食材を使って料理をしたい、簡単に食べられるものを用意しておきたいときには、インドネシアでも日本と同じように商品を買うこともできますからそんなにたくさん持っていく必要はありません。

ただ現地で買うとなると、日本のものはすべて輸入品になりますから割高になってしまうことは頭に入れておいてください。

インドネシアの気候は年中半袖で過ごせるくらいの温度ですから基本的に服装は夏物だけで大丈夫です。

セーターやカーディガン、冬物のジャケットやスーツなどは必要ありませんので、洋服はかさばることはないでしょう。

夏服を日本から持って行ってもいいですが、現地でも買うことができますから特にお気に入りの洋服などだけを持っていけば良いかと思います。

あとは、履きなれた靴や、下着類なども持っていくと良いでしょう。

あと、インドネシアで日本の家電製品を使いたいときには、コンセントの形状が日本とは異なりますから変換器が必要になります。

こちらもインドネシアで購入することができるのですが、現地に到着してからすぐに使いたいものもあるでしょうから、あらかじめ日本で変換器を用意して持って行ってもいいでしょう。

パソコンやスマートフォン、デジタルカメラなど変換器があれば日本で使い慣れたものをそのままインドネシアで使うことができます。