インドネシアに適したビジネスは安い人件費をあてにした製造業

okane
現在、アジアの中でも特に経済成長が著しい国がインドネシアです。インドネシアの人口は、世界4位の約2億5千万人で近年内需産業の発展に伴い成長を遂げてきました。数年前まで、日本をはじめ、世界の大手企業の生産拠点は中国が中心でした。日本を例に取ると、日本の海外拠点は半分は、2000年頃までは中国にありました。

その一つの要因が安価な労働力であったのですが、近年、中国との政治的な関係や高まりつつある人件費のおかげで、中国から撤退する企業も多くなりました。

そこで新たな生産拠点としてインドネシアが台頭してきました。インドネシアは豊富な資源国であると同時に人件費を抑えることができ、工場を建てるのに非常に適してします。インドネシアでビジネスチャンスをつかもうとする場合に現在一番起業するのに良い業種は製造業です。

人件費が安いため、近年では日系のIT企業が多く進出しているのを見ますが、もともと内需産業で発展してきた国で、世界4位の人口を活かした業種がビジネスチャンスになりやすいです。現在様々な企業が工場を建てているので、ライバルが多すぎるのではないかと危惧してしまうかもしれませんが、基本を日本の市場にすれば、安価な人件費を活かした産業へと成長していくはずです。

インドネシアと日本では整備されている労働法や労働環境、文化がかなり違いますので、現地の労働力を使う以上、現地の事を学ぶ必要があります。しっかりと準備をしてビジネスに結び付けましょう。

人材を採用するには資金に余裕があれば人材紹介会社に依頼するのが一般的です。自力で人材確保に走っても良いですがコストがかかりますし、多くの人材が紹介会社に登録してあり、そこからの紹介で仕事を得ていることが多いからです。

インドネシア人も雇えて、日本人も雇えるようなところに依頼するのが最終的にはコストカットに繋がるでしょう。
インドネシアの求人情報 | 日本人むけ人材紹介会社もご覧ください。

インドネシアの会社法を学ぶか、専門家に依頼すること

インドネシアは、人口が非常に多く経済成長も著しい国の一つであることから現地のビジネスチャンスに期待し、日本で起業し、インドネシアでビジネスを展開することを検討している方も多いのではないでしょうか。そのような方にとって、一番のハードルとなるのが現地で会社を設立するにあたっての手続等を規定しているインドネシアの会社法についての知識を習得することです。
インドネシアの会社法のなかで一番注意すべき事項として挙げられるのが、日本を含む外資企業がインドネシアで現地法人を設立するにあたっては投資に関する規制が多くすることであり、そのような規制に該当する業種かどうかについてまず確認することが重要となります。
その他にも、日本とは異なり株式会社を設立するにあたって、株主が一人では設立ができないなど日本人に馴染みの深い日本の会社法とは異なる条件が存在することにも留意する必要があります。
一方で、電子的な手続による会社の設立が認められており、会社設立に関してのアドバイザリー業務を行う会社も多く存在するため、インドネシアの会社法について深く理解をしていなくても会社設立に辿り着くことは決して困難ではありません。
むしろ、会社設立後に株主総会や取締役会などの法律で定められた手続にしたがって会社の運営を行うことについて注意を払う必要がありますが、植民地時代の影響を受けているためオランダ法に全体的に似ているところが多く、他の途上国に比べて明確な規定が多いため会社の運営にあたり、法律がネックとなることは少ないものと考えられます。

インドネシアの法人税は一律25パーセント

インドネシアの法人税は、税法上の居住者として国内で設立された法人に対して、原則25パーセントの法人税が一律課税されます。
日本とインドネシアの間では、二国間租税条約によって一般の法人に対しての法人税は原則25パーセントの一律課税となっています。

インドネシアで起業を考えるには、まず業種分野によって外資が参入できないものがあるということを知っておく必要があります。
例えば運送会社やタクシー会社などは、現地の民間に限られている業種のため日本人が起業をすることはできません。また国営、地元企業との協力や合併が必要な分野などがあるので、事前に調べておく必要があります。
そのためどんな産業分野でインドネシア進出を狙っていくのかを明確にし、外資100パーセントで法人設立が可能かどうかを確認しておくことが大切です。
そのほかにも、インドネシアのマーケットについて熟知しておくことが大切で、会社設立をするにあたってその国のマーケットを調査することは基本です。

多くの日本企業が進出しているインドネシアは、日本が最大の輸出国であり、とても親日な国といえます。そのためほかの東南アジアの国よりも働きやすいともいえます。
また中国やロシアと同様に今後注目される国として浮上しているので、これから起業をするメリットは大きい国ともいえますが、地震災害やテロ、感染病のリスクや知的財産保護に係わる留意点や税制、労働関連法令なども考慮することも留意すべき課題といえます。

法人設立形態と資本金、書類作成について

インドネシアの経済成長率は、近年、5%後半から6%台という高い水準を達成しています。そのようなインドネシアと日本は友好協力関係にあります。これから、親日国インドネシアで起業しようとした場合の、会社設立形態や資本金についてお話しします。会社設立形態として、インドネシアに進出をする外国企業の多くが株式会社の形をとります。仮に株式を公開した場合、ある規定があります。資本金が一律30億ルピア、株主300人以上というものです。また、非公開の場合にも規定があります。最低株主は2人、ある分野を除いてですが最低授権資本金は5千万ルピアというものです。有限会社で設立する場合も資本金は違ってきますので注意が必要です。起業後は、税金のことも考えなければなりません。25%の法人税が課税されます。

また頭に入れておきたいのが、書類の作成がインドネシア語ということです。言葉の書き違いなどがないようにしっかりと確認し書類を作成しなければなりません。宗教に関しても、十分な配慮が必要です。インドネシアは人口のおよそ90%がイスラム教になります。続いてキリスト教プロテスタント、キリスト教カトリック、ヒンズー教、仏教、儒教を信仰する人々がいます。このように様々な宗教観がありますので、ひとりひとりがお互いを尊重しあいよりよい関係が構築されたら、起業の第一歩は成功といえるでしょう。まずは個人同士が友好協力できるようにすることが大切です。

インドネシアでの法人設立にかかる費用

日本で起業するという場合、資本金は1円からでも行うことが出来るようになりました。インドネシアで起業するという場合も同様で、少ない資金でも会社を設立することが可能です。ただし、インドネシアで会社の設立登記をするという場合には、その申請をするのに専門家の力を借りることになります。この際の費用は一律ではありませんので、注意が必要です。
なお、インドネシアでは分野によっては参入することが出来ないものもありますので、あらかじめ確認するということが重要になります。会社を設立するという場合には、あらかじめ市場調査をしっかりと行うようにします。これは、日本国内でも重要な事ですが、文化・習慣・考え方などが異なる外国に進出するという場合には特に重要なこととなります。
また、会社を設立したからといって、必ずしも成功するとは限りません。場合によっては撤退を余儀なくされる場合もあります。会社設立時にも費用は必要となりますが、撤退するとなった場合でも費用が必要となります。会社を設立する際には、撤退する際の方法などについても検討することが大切になります。
インドネシアで会社を設立するという場合、必要となる最低資本金の金額は会社の種類により異なります。株式会社の場合には、株式を公開する場合と非公開の場合に分けることが出来ますが、公開するという場合には、資本金が30億ルピア、株主は300人以上必要となります。これは、業種に関わらず一律です。また、非公開の場合には最低株主人数は2人、銀行業や保険業などの分野を除いて、必要となる資本金は5千万ルピアとされています。

日本人がインドネシアでビジネス成功するポイント

外国でビジネスを成功させるのは簡単なことではありません。インドネシアでビジネスを成功させるためには、いくつかのポイントが有ります。
まず、何を目的として起業するのかということを具体的に決めるということが大切になります。どのような人をターゲットにするのかということはもちろんのこと、インドネシアの国民性や現地の経済の動き、考え方などを敏感に察することが重要になります。最近は、インターネットで様々な情報を得ることが出来ますが、現地でしか得ることが出来ないことはたくさんあります。起業する前には、何度もインドネシアを訪れるということが大切です。
インドネシアに進出する理由の一つに、人件費の安さがあります。人件費を抑えることが出来れば、安価に高品質な製品を製造することが出来ますが、その見積りが甘い場合には、思ったようなコスト削減効果を得ることが出来ない可能性もありますので、あらかじめコスト削減目標を決めるようにしましょう。
そして、外国でビジネスを成功させるための大きなポイントが現地のことをよく知るパートナーを得るということです。信頼することが出来るパートナーを見付けることは簡単ではありません。場合によっては利害関係によるトラブルが生じることもあります。時間をかけてパートナーとなる企業もしくは経営者を選ぶようにしましょう。
起業前には、十分すぎるほどの準備を行うということが大切なことと言えるでしょう。

日本人がインドネシアで起業するにも注意が必要

日本人がインドネシアで起業することが増えていて、理由は税金や物価が日本に比べて低いというのが大きく、売り上げに応じてより利益を得られるのが魅力になっているのです。またインターネットの発達によって、情報収集がしやすくなったことも伸び率をあげることにつながっているのです。
しかしながら起業しようと考えるにあたって知っておくべきこともあって、ひとつはインドネシアでは外資系が参入できない業種があるということです。例えば運送会社やタクシー会社というのは内資100%で、どれだけ努力しても参入することはできないのです。これを知るためには「投資ネガティブリスト」をチェックするのがよく、事前に知らなければはじまらないことがあります。こちらでは他に、国、または地元企業との協力や合弁が必要な分野、さらには特定の地域のみへ参入可能な分野について調べることができので参考にするのがいいでしょう。
そしてよりスムーズに進める方法として、インドネシアに限りませんが、マーケット調査をはじめとして、歴史や風習、習慣などその国のことをより深く知ることが大事になってきます。情報だけでは生きた資料にはなりませんが、ゼロから行っていくよりも、少しでも知識を仕入れた上で行って行った方がより楽に行なえるはずです。日本の国内でも同じですが、成功するためには情報収集が必要で、需要にそった内容にすること、それこそがもっとも求められることになるのです。

暑い気候のインドネシア、日本人には過ごしにくい一面も

インドネシアは赤道付近に東西に長い国土を持っており、熱帯性気候に属しています。また2つの季節風により、5月から10月頃の乾季と11月から4月の雨季の季節にわかれています。年間を通じての平均気温は25度で、大きな気温差はありません。

首都ジャカルタでの気温は26度から30度程度です。さらに湿度は約80%もあり、高いです。雨季は日に数回スコールがふりますが、仕事や生活に支障があることはありますせん。ただし雨季のピークの1~2月は注意が必要な場合があります。雨季の時期で大変なのは、湿度の高さです。年間を通じてインドネシアは60%以上の湿度がありますが、雨季はさらに湿度がまして、90%以上になる日もあります。そうなると日陰などでも暑さを感じることがあります。

旅行で訪れるのであれば、5月から10月頃の乾季、特に涼しく感じる日もある7月から8月頃が最適で過ごしやすくなります。ただし雨季は花や果物の最盛期になるという良い点もあります。雨季に訪れる場合は、暑さだけならともかく、高すぎる湿度が日本人にとって厳しい環境にはなります。けれど日本も蒸し暑い日が続くことがあり、熱中症対策などは身についてきています。水分補給をこまめにとり、適宜休憩をとり、お店や乗り物に乗る際は汗を拭いてからといったところは同じになります。ただしインドネシアでは雨季も乾季も昼夜の寒暖の差がないので、一日中半袖でいることもできます。

インドネシア人の仕事に対する考え方と風土

他の東南アジアの国にも言えることですが、日本人のように勤勉にバリバリと働く風習は少ないです。これは、『働かない』『怠け者』というわけではなく、お国柄。あくせく働いてコツコツ貯金するよりも、生活できるお金があれば、とりあえず今は働かない。なくなったらまた働けばいいと言う考え。恵みのある南国なので、水も雨水や川の水を使ったり、食べ物は自給自足と言う家庭も多いです。また、インドネシア人は家族が大事。

だ族を優先するので残業なんてしない!という考えの人が多いです。また、10人、20人などの大家族で住んでいる家庭も多いので、1人ががつがつ働かないでも、生きていけます。反面、仕事も選ばなければたくさんある日本とは違い、インドネシアでは仕事に恵まれるチャンスがないということも理由の一つ。なので、生活のために、故郷を離れて都会に出てきて汗水流して泥や危険にまぎれながら肉体労働をがんばっているひとも沢山います。

また、持ち家を人に貸して、家賃などの収入を得ている人も少なくありません。インドネシアの町を歩くと分かると思いますが、様々な人種がいます。ジャワ人、スンダ人、バタッ人などのマレー系住民や中国系やパプア系住民など。そしてほとんどの人がいつも笑顔。インドネシアの人は笑顔が多いです。